MIOXでウイルス対策!

このサイトではMIOXの新型コロナウイルスへの除菌効果を始め、その持続性、低塩素臭で対策がしやすい点を解説しています。
さらには安心・安全であり、除菌にも優れている点も紹介しております。
最近は感染者数の増加傾向が続き、早期的な対策を講じる必要性が叫ばれています。
一番の方法は感染対策を徹底して行うことで、除菌に優れていると科学的に証明されているものは全部取り入れることがポイントです。
代表的な塩素系の消毒剤よりも、殺菌力が非常に優れている点からも感染予防できるので普及が目指されます。

MIOXは他の除菌剤と何が違う?

MIOXは他の除菌剤と何が違う? MIOXは、塩と水だけを使い独自の特殊電解セルによって酸化特性のある物質を作り出した殺菌剤となります。
その大きなメリットには、アレルギー体質でアトピーなどにも優れ、塩素とは違うので目や髪を傷めることはないです。
MIOXは塩素とは違うので、施設や設備を劣化させることもなく、人体だけでなく物に対しても優しいのも魅力的になります。
近年は消毒液には次亜塩素酸が注目されていますが、それよりも高い殺菌効果が存在するので菌の塊であるバイオフィルムの分解にも貢献することが可能です。
他にも塩素ガスの発生を抑制することで、気分を害することもなく、しかも菌だけでなくウイルスの死滅を促すことができるのもメリットとなります。
食品消毒までにも活用でき、しかも様々な設備のランニングコストの削減にも貢献することができる点でもMIOXを選択する価値が存在します。

利用する際に生じるデメリットには何が存在するか

利用する際に生じるデメリットには何が存在するか MIOXは塩と水だけを利用し、専用の特殊な電解セルによって消毒液を製造することができます。
そのため夢のような消毒液であり、今後は様々な分野に活用される可能性を秘めたものです。
消毒液であるMIOXが持つデメリットはほとんど存在せずに、消毒液によくありがちな塩素臭が生じず臭いで気が滅入ることはありません。
しかも手に触れても手荒れもなく、しかも口に入れても大丈夫であったりします。
ただデメリットが存在するといえば、その専用の機器を必要にすることで、それがないとMIOXを作ることができない点にあります。
しかも専用の機器を導入する上でも費用もかかる難点があり、作り出せる量にも限界が存在したりします。
業務用で大量に利用する必要がある場合には、製造する上でも時間がかかる可能性も存在します。
もちろん電解を利用することもあり、電気の消費量もありますので、コストがかかるのは言うまでもありません。
なおMIOXを利用する場合には、有効な細菌やウイルスが多いものの総ての細菌やウイルスに有効かに関しても未知数であったりもします。
ただそれを導入すれば、絶対に安心であるという保証もないので、絶対に細菌やウイルスに脅かされないと考えるのは早計で使い方にも工夫が必要です。

人と施設に優しい酸化剤ならこれ!MIOX

MIOXは、米国防総省が開発した除菌技術です。
あまり聞き慣れないかもしれませんが、その殺菌力は次亜塩素酸の7~10倍と指摘されており、持続力が高いことから次世代の殺菌剤として注目を集めています。
水と塩を原料に特殊コーティングを施した電解セルを通じて生成された成分は、VXガスや炭疽菌やサリンといった化学兵器をも分解するほど強力であり、新型コロナ対策としても利用されています。
人と施設に優しいこともMIOXの持つ特徴です。
水と塩を電気分解した成分なので安全性が高く、環境負荷も小さいことから地球にも優しくなっています。
次亜塩素酸を使用したプールでありがちな塩素臭もなく、肌に感じられるピリピリ感、目にしみたり痛くなる、毛髪が傷無リスクを大幅に抑制できます。
またアトピーや敏感肌の方も利用できるのも魅力です。
次亜塩素酸の使用で生じる腐食を抑制、さら排水管にこびりつくレジオネラ菌などの雑菌の温床となるバイオフィルムを除去するので、薬剤洗浄も不要になりました。
人と施設にも優しい混合酸化剤MIOXが、様々な場面で利用されつつあります。

話題のMIOXと次亜塩素酸水を比較した場合

消毒にはアルコールが役立てられていますが、そのほかにも消毒に役立つものはいくつかあります。
次亜塩素酸水は、殺菌効果も高く、テーブルやドアノブなどの消毒にも活用されています。
次亜塩素酸水の場合は、塩素に過敏な人は注意も必要です。
利用するときは、目や皮膚に刺激が出る場合もありますので、目に入れないこと、皮膚につかないよう気をつけることも大事です。
酸性のものと混ぜると塩素ガスが発生しますので、こちらも気をつけましょう。
最近話題になっているMIOXは、水と塩からできている混合酸化剤です。
MIOXは強い除菌力があるので、安全性について気になっているという人もいるかもしれません。
MIOXは散布時も、次亜塩素酸水より塩素の放出量も少なく安全性が高いことも特徴的です。
しかも効果の持続期間も長く、除菌速度が速いという特徴もあります。
細菌やバクテリア、ウイルスなど幅広く対応できるのも良いところです。
アンモニアの分解能力にも優れており、塩素剤にかわるプール除菌剤としても注目されています。

あのプールのニオイを解消する!MIOXとは

プールに入ると独特のニオイが漂っているのに気づきませんか。
それは水を殺菌するために使用されている次亜塩素酸によって生じる塩素臭です。
水をきれいに保つために欠かせない次亜塩素酸ですが、空気中に塩素臭を放出するため、独特のニオイも感じられてしまいます。
ニオイの他にも次亜塩素酸の課題として、肺炎など最近性感染症の原因となる排水管にこびりついたレジオネラ菌対策に別途薬剤洗浄が必要である、水の透明度が低くなるなどを指摘できます。
次亜塩素酸の課題をすべてクリアしたのが、MIOXです。
塩と水を原料に特殊電解セルで生みだされた殺菌剤は、次亜塩素酸よりも高い殺菌力を持つため、プールにおける同薬品の使用量を約1/3へと減少させます。
これにより塩素臭対策となる他、MIOXはレジオネラ菌への高い殺菌効果を持つことから洗浄作業を不要にしました。
水の透明度を高められるため、美観や安全管理という点からもメリットがあります。
化学兵器であるVXガスやサリン炭疽菌といった物質を分解力を持つ他、排泄物や嘔吐物、アンモニアなどの分解も可能でありながら、安全性が高く扱いやすいMIOXがあれば、衛生環境を整えられます。

従来の次亜塩素酸の弊害を克服したと評判のMIOX

感染対策には、除菌や消毒が効果的ですが、一時期は消毒用アルコールが不足していたこともあり、その代替品として次亜塩素酸も注目されました。
優れた効果が期待できるものの、刺激があることや、殺菌剤としてはコストが割高になるなどのデメリットもありました。
そのような次亜塩素酸の弊害を克服したと評判なのがMIOXです。MIOXは、塩と水を利用して独自の電解セルで数種類の酸化特性を持つ殺菌剤を生成することができます。
有機物やアンモニアなども分解が可能でそれでいて安全性も高く、上下水道やプールなどの消毒に使えることはもちろん、生鮮食品の洗浄や食品加工分野などの殺菌にも活用することができます。
塩素ガスの発生も少なく、塩素臭もほとんどないこともあり、目の痛みや肌荒れなどの悩みからも解放されると評判です。
施設にも優しく、ランニングコストに優れているのもメリットといえるでしょう。
様々なウイルス対策にも効果的ということもあり、今後さらに注目が高まることが予想されます。

従来の次亜塩素酸の課題を克服したMIOX!

MIOXは、塩素剤を用いない殺菌剤です。
独自技術であると特殊電解セルを用いた混合殺菌剤であり、従来から利用されている次亜塩素酸の持つ安全性や扱いにくさという課題を克服下だけでなく、使用量を大幅に低減しました。
すでに採用している温水プールでは、MIOX導入以前に使用されていた次亜塩素酸が’0.026ppmから0.009ppmへと約1/3へと減少、施設内部の塩素濃度を低くできるため、塩素臭を抑えます。
これは大気中濃度とほとんど同じなので、気にならないレベルと言えるでしょう。
使用するさいには、それぞれで希釈してもらわなければなりませんが、安全性が高く扱いやすくなっています。
目的別に希釈率を変化させて使用するのがポイントになっており、嘔吐物や便などの体液を拭き取る場合はペットボトル(2L)にMIOX原液200ccを入れてから残りを水で薄めます。
またトイレ・バスタブなどの掃除では原液28ccをベースにし、室内用の消臭剤であれば原液8cc使用するとよいでしょう。
次亜塩素酸よりも安全で扱いやすいMIOXが、清潔で衛生な環境をサポートしています。

MIOXをもっと知りたいなら

MIOXで除菌する

新着情報

◎2021/10/7

情報を追加しました。

> 人と施設に優しい酸化剤ならこれ!MIOX
> 話題のMIOXと次亜塩素酸水を比較した場合
> あのプールのニオイを解消する!MIOXとは
> 従来の次亜塩素酸の弊害を克服したと評判のMIOX
> 従来の次亜塩素酸の課題を克服したMIOX!

◎2021/5/27

MIOXは食品消毒にも使える
の情報を更新しました。

◎2021/2/14

ランニングコストをカット
の情報を更新しました。

◎2021/1/31

サイト公開しました