MIOXでウイルス対策!

このサイトではMIOXの新型コロナウイルスへの除菌効果を始め、その持続性、低塩素臭で対策がしやすい点を解説しています。
さらには安心・安全であり、除菌にも優れている点も紹介しております。
最近は感染者数の増加傾向が続き、早期的な対策を講じる必要性が叫ばれています。
一番の方法は感染対策を徹底して行うことで、除菌に優れていると科学的に証明されているものは全部取り入れることがポイントです。
代表的な塩素系の消毒剤よりも、殺菌力が非常に優れている点からも感染予防できるので普及が目指されます。

MIOXは他の除菌剤と何が違う?

MIOXは他の除菌剤と何が違う? MIOXは、塩と水だけを使い独自の特殊電解セルによって酸化特性のある物質を作り出した殺菌剤となります。
その大きなメリットには、アレルギー体質でアトピーなどにも優れ、塩素とは違うので目や髪を傷めることはないです。
MIOXは塩素とは違うので、施設や設備を劣化させることもなく、人体だけでなく物に対しても優しいのも魅力的になります。
近年は消毒液には次亜塩素酸が注目されていますが、それよりも高い殺菌効果が存在するので菌の塊であるバイオフィルムの分解にも貢献することが可能です。
他にも塩素ガスの発生を抑制することで、気分を害することもなく、しかも菌だけでなくウイルスの死滅を促すことができるのもメリットとなります。
食品消毒までにも活用でき、しかも様々な設備のランニングコストの削減にも貢献することができる点でもMIOXを選択する価値が存在します。

利用する際に生じるデメリットには何が存在するか

利用する際に生じるデメリットには何が存在するか MIOXは塩と水だけを利用し、専用の特殊な電解セルによって消毒液を製造することができます。
そのため夢のような消毒液であり、今後は様々な分野に活用される可能性を秘めたものです。
消毒液であるMIOXが持つデメリットはほとんど存在せずに、消毒液によくありがちな塩素臭が生じず臭いで気が滅入ることはありません。
しかも手に触れても手荒れもなく、しかも口に入れても大丈夫であったりします。
ただデメリットが存在するといえば、その専用の機器を必要にすることで、それがないとMIOXを作ることができない点にあります。
しかも専用の機器を導入する上でも費用もかかる難点があり、作り出せる量にも限界が存在したりします。
業務用で大量に利用する必要がある場合には、製造する上でも時間がかかる可能性も存在します。
もちろん電解を利用することもあり、電気の消費量もありますので、コストがかかるのは言うまでもありません。
なおMIOXを利用する場合には、有効な細菌やウイルスが多いものの総ての細菌やウイルスに有効かに関しても未知数であったりもします。
ただそれを導入すれば、絶対に安心であるという保証もないので、絶対に細菌やウイルスに脅かされないと考えるのは早計で使い方にも工夫が必要です。

MIOXをもっと知りたいなら

MIOXで除菌する